待ちに待った海外旅行、国内旅行と違い言葉の壁もあるため、すぐに病院へ駆け込めないというリスクもあります。
そのため、薬局で常備薬などを買い揃えておいて、旅行に持っていきたいという人も多いのではないでしょうか。
また、普段から服用している薬がある場合、そちらも忘れずに持っていかなくてはならないものです。
毎食後飲む必要がある薬の場合、国外の行先によってはフライト時間が長時間に及ぶこともあり、薬を機内に持ち込みたいという人もいるでしょう。
そういった場合、なにか特別に申告などする必要はあるのでしょうか。

実は、海外旅行の際に申告などの手続きが必要なものというのは基準があります。
薬局などで広く売られている風邪薬・胃腸薬・頭痛薬などの常備薬については、特別に申告する必要はありません。
ただ、あまりにたくさん機内に持ち込むということは、手荷物検査の際説明を求められることもあるため、必要な分だけを持ち込みするようにしましょう。

ただし、医師に処方されている服用薬については少し注意が必要です。
国外に長く滞在する場合、1か月分以上の処方量を所持したいという場合もあるでしょう。
その場合は、処方箋の写しや医師による証明書が必要となります。
証明書も、日本語で書かれているものではなく、英語または現地の言葉で書かれているほうがいいでしょう。
時間に余裕をもって、かかりつけの医師に相談しておきましょう。

常備薬も、持病の服用薬も、機内に持ち込む場合は透明なポリ袋などに、必要な分だけいれるといいでしょう。
手荷物検査の際に説明を求められることもあるため、医師の証明書も一緒に持っておくといいです。
ぜん息の吸入薬や医療用ボンベの持ち込みも可能です。
少し変わったものですと、コンタクトレンズの保存液といったものも医薬品の扱いとなります。
持ち込む場合は、必要なぶんだけ容器に移しておきましょう。

このように、海外旅行での薬の所持は、そんなに大変な事ではありません。
長期間の国外滞在になる場合だけは、気を付けるようにしましょう。

ピルの所持は申告が必要か

持病薬とは少し違った趣になるかもしれませんが、最近では日本国内でもピルを飲んでいる女性が増えています。
普段から服用している人もいれば、海外旅行の際、月経をずらすために期間限定で服用する人もいるでしょう。
こういったピルというのは、医師の処方によるものですが、持病の処方薬と同じような扱いでいいのでしょうか。

海外では、日本よりもピルは広く普及しています。
避妊を目的とするだけでなく、月経痛の緩和や排卵のコントロールなど、女性たちの間で広く使用されているのです。
そのため、期間限定で服用したいというときでも、特に申告する必要はありません。
渡航先がオーストラリアの場合、いろいろな申告が厳しいと不安になる人もいるようですが、オーストラリアでもピルは広く普及しています。
英語による処方箋や証明書が必要と考える人もいますが、3か月分を超えない場合は特に大丈夫です。

かかりつけ医が英語による処方箋や証明書を描いてくれる場合は、もちろん一緒に持参すると安心ですが、英語表記は出来ないと断られる場合もあります。
そういった場合は、薬が入っているビニール袋に、ピルであることを英語で明記しておくといいでしょう。

日本国内でピルを処方してもらう場合、1か月分が基本となるでしょう。しかし留学や仕事など、長期にわたって滞在が必要な人もいるでしょう。
その場合、現地で調達するという方法もあります。日本国内で入手できるピルは、海外でも同じものが処方されています。
現地の言葉による処方箋があれば、海外でも処方可能でもあります。
国によっては薬価も、日本よりかなり安くなる場合もあるため、長期間の滞在を考えるなら現地での処方も視野に入れてもいいでしょう。