性行為の際に望まぬ妊娠を避けるために、避妊は欠かせません。
その避妊方法にはいろいろな方法が挙げられますが、薬局でも買える避妊グッズといえばコンドームが最も有名です。
男性器に直接装着することで膣内に精液が入り込むのを防ぐことができるコンドーム、もっとも手軽で避妊効果も高いのが特徴です。

ただ、このコンドームには難点も存在します。
それは、男性側の協力がないと避妊が成功しないということです。
また、コンドームに穴が開いていたり、破れてしまうことによって避妊に失敗する恐れもあります。
薬局に売っているコンドームは、本来正しい使い方をしていれば破れることはありません。
ただ、サイズの違いや間違った使い方によって避妊が失敗してしまえば意味がありません。

薬局で売っている避妊道具の中でもとりわけ避妊率の高いコンドームではありますが、女性にはプラスαの対処も必要になってくるというわけです。
とはいえ、薬局で売っている避妊道具はコンドームだけです。
ピルなどの女性が主体となって行う避妊に関しては、病院に行って医師の処方を受けなければ入手することもできないわけです。

女性が出来る避妊方法として、ピルが挙げられますが、中には性行為の後に服用するアフターピルを用いる人もいます。
一般的なピルが毎日錠剤を服用していくのに対して、アフターピルは性行為の後に1錠、もしくは2錠を服用するだけです。
たったこれだけで避妊効果を得ることが出来るのであれば、アフターピルを毎回服用すればいいのではと思われる人もいるかもしれませんが、実はそれは現実的な考えとはいえません。

というのも、アフターピルは避妊の効果が高い分、身体への負担が非常に大きくなります。
時に日常生活にも支障が出るほど副作用が強くあらわれることもあるため、アフターピルはあくまで緊急用として用いていくのがベストになってきます。

避妊の方法としてまずは、薬局で売っているコンドームを用いていく、これが出来ないのであればピルの使用も検討していくようにしましょう。

ピルやコンドーム以外の避妊方法

先に挙げたように、望まぬ妊娠を避けるためにはコンドームやピルを活用していくのがベストになってきます。
どちらか一つで避妊をしていくのではなく、この二つの方法を一緒に行っていく方が、避妊率を高めることができておすすめです。
もちろん、100パーセント避妊を成功させることはできませんが、それにより近い状態で望まぬ妊娠を避けることはできます。
男性側と女性側とでしっかり対処していくことが大切になってきます。

ピルやコンドーム以外に避妊方法は在るのかどうか、結論から言えばそれはあります。
具体的には、IUSという方法で女性の子宮内に専用の装置を装着することで子宮内に精液が入り込むのを物理的に防ぐことが出来ます。
ただ、この方法は装置を装着するために病院を受診する必要があります。
また費用もある程度必要になってくるため、避妊のためだけに用いるには負担が大きくなっていきます。

この他にも女性側が行う方法としてペッサリーが挙げられます。
子宮の入り口にゴム状の道具を装着することによって精子が子宮内に入り込むのを防ぐことが出来ます。
この方法は女性主体で行えるためメリットはありますが、コンドームに比べて装着自体が難しく、時に失敗のリスクが高まるという欠点もあります。
望まぬ妊娠を避けるための行動だというのに、時にそれが難しくなってしまうわけです。

これらの方法を見てもわかるように、より費用負担が少なく、同時にその効果も高いのがコンドームやピルを用いた方法です。
望まぬ妊娠を出来るだけ避けていきたい、そういった人はコンドームやピルを用いた方法を積極的に用いていくのがいいでしょう。
どちらか一方でも十分な効果がありますが、先にも挙げたように二つを平行していく方が得られるメリットは多くなります。